高取千佳 Chika TAKATORI
広島県出身

景観生態学・都市計画・緑地計画・土地利用計画

学 歴  

2005年3月 国立広島大学附属高等学校 卒業

2005年4月 東京大学理科一類 入学

2007年4月 東京大学工学部都市工学科 進学

2009年3月 東京大学工学部都市工学科 卒業

2009年4月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 修士課程 入学

2011年3月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 修士課程 修了

2011年4月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 博士課程 入学

2014年3月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 博士課程 修了

学 位

2009年3月学士(工学)(東京大学)
卒業設計「水辺のゆりかご」
2011年3月修士(工学)(東京大学)
「歩行を原単位とするモビリティーと熱環境の階層的評価による都市環境計画方法論に関する研究-東京都中央区京橋地区を対象として」
2014年3月博士(工学)(東京大学)
「東京都心部におけるマトリクス構造を基盤とした熱・風環境評に基づく都市環境計画に関する研究」

職 歴 

2013年4月~2014年3月日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2014年4月~2019年9月名古屋大学大学院環境学研究科 助教
2019年9月~現在中央大学 研究開発機構 客員研究員
2019年10月~現在九州大学大学院芸術工学研究院 環境デザイン部門准教授 

学外委員会

  1.  2014.4-現在         松阪市都市計画審議会委員
  2.  2014.9-2015.3     田原市都市計画の基本方針等検討委員会委員
  3.  2014.12-2015.3   中川運河にぎわいゾーンデザインシャレット学識経験者メンバー
  4.  2014.12-2016.3   名古屋港港未来研究会学識経験者メンバー
  5.  2015.4-現在         北名古屋市都市計画審議会委員
  6.  2015.4-現在         中部圏社会経済研究所大都市圏研究会委員
  7.  2015.4-現在         国土交通省中部地方整備局「中部の未来創造大賞」表彰委員会委員
  8.  2015.4-2016.3     名古屋市地域まちづくり活動助成評価委員会委員
  9.  2015.6-2016.3     瀬戸市空家等対策計画検討委員会委員
  10. 2015.7-2015.9     名古屋市立地適正化計画策定検討業務委託事業者評価委員会委員
  11. 2015.7-2016.3     田原市都市計画マスタープラン改定委員会委員
  12. 2016.6-現在         豊田市都市計画マスタープラン策定委員会委員
  13. 2016.6-現在         豊田市都市計画審議会委員
  14. 2016.6-2018.5     一宮市都市計画審議会委員
  15. 2016.6-2018.5     名古屋市大規模小売店舗立地審議会委員
  16. 2016.8-2017.3     愛知県土地利用計画検討委員会委員
  17. 2017.4-2017.7     名古屋市都市計画マスタープラン検討調査業務委託事業者評価委員
  18. 2017.4-2018.3     北名古屋市総合計画審議会委員
  19. 2017.4-2018.3     愛知県都市計画区域マスタープラン検討会議アドバイザー
  20. 2017.5-現在         松阪市都市計画マスタープラン等策定推進委員会策定推進アドバイザー
  21. 2018.6-現在         名古屋市都市計画マスタープラン改定委員会委員
  22. 2018.6-現在         北名古屋市緑の基本計画策定委員会委員
  23. 2018.6-現在         岡崎市緑の基本計画策定委員会委員
  24. 2018.8-2018.9     名古屋市久屋大通公園(南)エリアの整備の前提条件に関する検討業務委託に関わるプロポーザル評価委員
  25. 2018.12-現在       新城市都市計画マスタープラン改定委員会委員
  26. 2018.12-現在       東郷町都市計画マスタープラン策定委員会委員長
  27. 2019.4 -現在        日本建築学会都市計画本委員会委員
  28. 2019.11-現在       福岡県環境審議会委員(同公園鳥獣部会)
  29. 2019.11-現在       福岡県久留米市環境審議会委員 
  30. 2019.11-現在       福岡県久留米市環境保全専門委員会委員
  31. 2020.1 -現在        国営海の中道海浜公園魅力向上推進協議会委員
  32. 2020.4 -現在        春日市都市計画審議会委員 
  33. 2020.4 -現在        環境省中部地方環境事務所気候変動適応における広域アクションプラン策定事業分科会副座長
  34. 2020.6 -現在        大野城市文化財保護審議会委員 
  35. 2020.7 -現在        福岡県農林水産公共事業評価評価委員会委員
  36. 2020.9 -現在        一般財団法人三五自然共生基金 選考委員
  37. 2020.10-現在       佐賀県指定管理者候補者選定委員会委員

所属学会等

2010年4月~現在日本都市計画学会会員
(2015年4月から現在まで中部支部幹事)
2011年9月~現在 日本造園学会会員
(2014年4月から2016年3月まで学術委員、2015年4月から現在まで中部支部運営委員会委員)
2013年12月~現在日本建築学会会員
(2014年4月から現在まで東海支部都市計画委員会幹事、2019年4月から現在まで都市計画本委員会委員)
2014年8月~現在日本景観生態学会会員
2014年8月~現在Society for Urban Ecology会員
2017年4月~現在Asian Pacific Planning Societies会員
(2017年4月からYoung Urban Planner Network幹事)
International Association for Landscape Ecology会員

著書

  1. 石川幹子・鹿内京子・三島由樹・高取千佳・林正樹 (2011)「SUR Issue 07 東京研究シリーズ2 河岸:東京の遺伝子-京橋川400年京橋川の再生」, 東京大学都市持続再生研究センター(分担執筆)
  2. 高取千佳 (2014)「ジオデザインのフレームワーク:デザインで環境を変革する」Chapter 1, Chapter 6, カール・スタイニッツ著, 石川幹子・矢野桂司訳, 古今書院(翻訳)
  3. Shimizu, H., Takatori, C. (2017) Conclusion: Towards Sustainable Labor Force Management of Landscapes, Labor Forces and Landscape Management: Japanese Case Studies (Hiroyuki Shimizu, Chika Takatori, and Nobuko Kawaguchi Editors), Part Ⅳ Perspectives, Springer, pp.449-456.(分担執筆)
  4. Shimizu, H., Takatori, C., Kawaguchi, N. (2017) Integration of Landscape Management Labor Accounts, Labor Forces and Landscape Management: Japanese Case Studies (Hiroyuki Shimizu, Chika Takatori, and Nobuko Kawaguchi Editors), Part II Case Studies, Springer, pp.335-370.(分担執筆)
  5. Takatori, C., Nakatuji, C. (2017) Case Studies in Paddy Field Satoyama Neighborhood Landscape Complex Units: Nyu District, Labor Forces and Landscape Management: Japanese Case Studies (Hiroyuki Shimizu, Chika Takatori, and Nobuko Kawaguchi Editors), Part II Case Studies, Springer, pp.263-287.(分担執筆)
  6. Murase, Y., Kitamura, J., Takatori, C. (2017) Case Studies in Flatland Farmland Neighborhood Landscape Complex Units: Asami District, Labor Forces and Landscape Management: Japanese Case Studies (Hiroyuki Shimizu, Chika Takatori, and Nobuko Kawaguchi Editors), Part II Case Studies, Springer, pp.233-261.(分担執筆)
  7. Fujiwara, N., Takatori, C. (2017) Case Studies in Urban Forest Neighborhood Landscape Complex Units: Fujimaki Town, Labor Forces and Landscape Management: Japanese Case Studies (Hiroyuki Shimizu, Chika Takatori, and Nobuko Kawaguchi Editors), Part II Case Studies, Springer, pp.213-232. (分担執筆)
  8. Shimizu, H., Takatori, C. (2017) Methodology, Labor Forces and Landscape Management: Japanese Case Studies (Hiroyuki Shimizu, Chika Takatori, and Nobuko Kawaguchi Editors), Part II Case Studies, Springer, pp.135-149.(分担執筆)
  9. Takatori, C. (2017) Urban and Green Planning Based on an Evaluation of Urban Climate, Towards the implementation of the new urban agenda: Contributions from Japan and Germany to make cities more environmentally sustainable (Bernhard Muller and Hiroyuki Shimizu Editors), Part II Climate change and urban green, Springer, pp.75-86.(分担執筆)
  10. 高取千佳 (2018) 「事例14名古屋都心部」, 初めて学ぶ都市計画第二版, 市ヶ谷出版, pp.190-193.(分担執筆)
  11. Takatori, C., Kawaguchi, N., Shimizu, H. (2018) Managing Urban and Rural Agricultural Landscape Processes in Japan, AGROURBANISM: Tools for governance and planning of agrarian landscape (Enrico Gottero Editor), Part 1 Agrourbanism from a global perspective, Springer, pp.27-44.(分担執筆)
  12. 高取千佳 (2021) 「第11章 バイオミメティック・データベースとしての生態系インベントリー:景観生態学の視点」, バイオミメティクス・エコミメティクス-持続可能な循環型社会へ導く技術革新のヒント-, 株式会社シーエムシー出版, pp.158-165.(分担執筆)

査読付論文

a. 国際誌・和文誌

  1. 山田考太郎・高取千佳・永野真義・貞広幸雄 (2008) アメリカにおけるGISを用いた都市計画教科書の研究とその日本への適用に関する考察, 地理情報システム学会講演論文集, 17, pp.293-298.
  2. 高取千佳・石川幹子 (2010) 歩行者の移動経路に着目した都市公園の評価手法に関する研究-東京都京橋地区を対象として-, 日本都市計画学会論文集, 45(3), pp.793-798.
  3. 石川幹子・カビリジャン・ウメル・大澤啓志・高取千佳・村山健二 (2011) 中国四川省都江堰市農村部における林盤に関する研究, ランドスケープ研究論文集, 74(5), pp.779-782.
  4. 高取千佳・石川幹子 (2012) 東京都心部における明治初期と現代のマトリクス構造の変化に関する研究:港区北部地域を対象として, 日本都市計画学会論文集, 47(3), pp.577-582.
  5. 高取千佳・石川幹子 (2012) 東京都心部における明治初期と現代のマトリクス構造の変化に関する研究:港区北部地域を対象として, 日本都市計画学会論文集, 47(3), pp.577-582
  6. 高取千佳・大和広明・高橋桂子・石川幹子 (2013) 明治初期と現代のマトリクス構造の変化が熱・風環境に与える影響に関する研究, 日本都市計画学会論文集, 48(3), pp.1029-1034.
  7. 川口暢子・村山顕人・清水裕之・高取千佳 (2014) 名古屋市における街区ごとに見る非建蔽地/緑被地規模・変化の実態と分布の特徴, 日本都市計画学会都市計画論文集, 49(3), pp.207-212.
  8. 高取千佳・高橋桂子・横張真・石川幹子 (2014) 明治初期と現代における地上付近の熱・風環境を規定する要因の変化に関する研究-東京都心部を対象として, 日本都市計画学会都市計画論文, 49(3), pp.225-230.
  9. 川口暢子・清水裕之・村山顕人・高取千佳 (2015) 名古屋市における街区ごとに見る非建蔽地の開放性・単純性と緑被規模の関係と分布の特徴, 日本都市計画学会都市計画論文集, 50(3), pp.509-516.
  10. Kawaguchi, N., Shimizu, H., Takatori, C. (2015) The Analysis of Land Use Characteristics Using the Indexes of Openness and Compactness of Non-built Up Areas Related to Green Coverage of City Blocks, Journal of Sustainable Urbanization and Regeneration, 1(1), pp.31-42.
  11. 川口暢子・高取千佳・村山顕人・清水裕之 (2016) 都市における景域管理作業量推計手法の提案-名古屋市内の緑地を対象としたケーススタディ-, 日本都市計画学会都市計画論文集, 51(3), pp.581-588.
  12. 高取千佳・五十嵐千寛・中浦寛介・玄英麗 (2017) 集約型都市構造シナリオの概要と温熱環境評価の導入-将来の人口縮退下における集約型都市構造シナリオの設定とその評価 その1, 日本建築学会計画系論文集, 82(737), pp.1735-1745.
  13. 高取千佳・長谷川泰洋・藤原望・清水裕之・宮脇勝 (2017) 管理作業量と景観選好性を指標とした二次林管理計画に関する研究, 日本都市計画学会都市計画論文集, 52(3), pp.1232-1239.
  14. Rosa, D., Takatori, C., Shimizu, H., Privitera, R. (2018) A planning framework to evaluate demands and preferences by different social groups for accessibility to urban greenspaces, Sustainable Cities and Society, 36, pp.346-362.
  15. 高取千佳 (2018) 人口社会増減と空間指標の関連分析-愛知県を対象として-, 日本都市計画学会都市計画論文集, 53(3), pp.392-399.
  16. 高取千佳・山下尚行, 宮脇勝, 清水裕之, 川口暢子 (2019) 白鳥庭園を事例とした池泉回遊式庭園における景観テーマ別の管理作業量の算出, ランドスケープ研究 82(5) , pp. 505 – 510.
  17. 高取千佳・村瀬由伎・宮脇勝・北村淳一・清水裕之 (2020) 水田の歴史的類型による生態的環境と労働生産性の比較および維持管理シナリオの検討, ランドスケープ研究論文集 83(5) .
  18. Iizuka, S, Xuan, Y, Takatori, C., Nakaura, H., Hashizume, A. (2020) Environmental impactassessment of introducing compact city models by downscaling simulations, Sustainable Cities and Society.

国際会議論文

a. プロシーディング

  1. Takatori, C., Kim, J., Ishikawa, M. (2010) A research on the relation between pedestrian’s migration and urban park in Tokyo Metropolitan Area – In a case study of Kyobashi District -, Proceedings of the 15th Inter-University Seminar on Asian Mega-cities, Tokyo, Japan, 2010.9.
  2. Takatori, C., Ishikawa, M. (2011) Hierarchical Evaluation of the Impact on Thermal and Wind Environment by Urban Development Based on Blocks – A Case Study of Kyobashi District, Chuo Ward, Tokyo -, Proceedings of the 16th Inter-University Seminar on Asian Mega-cities, Beijing, China, 2011.9.
  3. Takatori, C., Ishikawa, M. (2012) Change of Matrix Pattern from Meiji Period to Today based on Geographical Feature – A Case Study in the Center of Tokyo Metropolitan Area; Northern Area of Minato Ward -, Proceedings of the 17th Inter-University Seminar on Asian Mega-cities, Khabarovsk, Russia, 2012.9.
  4. Takatori, C., Ishikawa, M. (2012) A Research on the Thermal Environment in the center of Tokyo Metropolitan Area based on the Block Structure from Edo period, Proceedings of the GeoInfomatics2012, Hong Kong, China, 2012.12.
  5. Takatori, C., Shimizu, H., Kawaguchi, N. (2014) Classification of Matrix Units based on Micro Topography for Environmental Planning – Case study of Nagoya -, Proceedings of The First Conference of IASUR “Sustainable Society as Our Challenge”, Kashiwa, Japan, 2014.9.
  6. Takatori, C. (2015) Factors that Cause the Rise of Temperature in Modernization for Adaptation Strategies to Climate Change, Proceedings of IALE World Congress, Portland, USA, 2015.7.
  7. Shimizu, H., Kawaguchi, N., Takatori, C. (2016) Sustainable green management and landscape labor accounts in urban areas, Proceedings of 5th International Ecosummit “Ecological Sustainability, engineering change”, Montpellier, France, 2016.8.
  8. Rosa, D., Takatori, C., Shimizu, H. (2017) A planning framework to evaluate demands and preferences from different social groups for accessibility to urban greenspaces, Proceedings of Conference Green infrastructure “Nature based solutions for sustainable and resilient cities”, Orvieto, Italy, 2017.4
  9. Kawaguchi, N., Takatori, C., Shimizu, H. (2017) Integrated Management of Green Spaces in Different Land Uses for Sustainable Cities, Proceedings of Dresden Nexus Conference 2017, Dresden, Germany, 2017.5.
  10. Yamashita, N., Takatori, C., Miyawaki, M., Shimizu, H., Kawaguchi, N. (2017) Relationship between Landscape Design Theme and Labor Forces of Japanese Garden, Proceedings of 2017 International Conference of Asian-Pacific Planning Societies, Nagoya, Japan, 2017.8.
  11. Takatori, C., Minamoto, K., Kawaguchi, N., Shinizu, H., Miyawaki, M. (2017) Evaluation of Landscape Management Labor Accounts in a Regional Scale, Proceedings of 2017 International Conference of Asian-Pacific Planning Societies, Nagoya, Japan, 2017.8.
  12. Rosa, D., Takatori, C., Shimizu, H. (2017) A planning framework to address the preferences from different social groups for accessibility to urban greenspaces, Proceedings of IUFRO Landscape Ecology Conference 2017, Halle, Germany, 2017.9.
  13. Kawaguchi, N., Hayashi, K., Fujii, M., Shimizu, H., Takatori, C., Murayama, A. (2017) A study on landscape management and environmental indicators for low-carbon society, Proceedings of the International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2017, Nagoya, Japan, 2017.9.
  14. Takatori, C., Rosa, D. (2019) Validating users’ preferences for accessibility to green spaces in cities: a planning framework to increase cultural services, Proceedings of 10th IALE World Congress, 2019.7
  15. Takatori, C., Mimamoto, K. (2019) Impact of Future Compact City Scenarios on Green Infrastructure Management Case Study of Aichi Prefecture, Japan, Proceedings of the International Conference 2019 on Spatial Planning and Sustainable Development, 2019.8.

b. ポスター発表

 1.   Takatori, C., Sugimura, T., Ishikawa, M. (2011) Hierarchical Evaluation of Impact on Thermal and Wind Environment based on Dynamic Change of City Blocks – In a Case Study of Chuo Ward, 11th International Congress of Asian Planning Schools Association, Tokyo, Japan, 2011.8.

国内会議論文

  1. 杉村剛・高取千佳・石川幹子・高橋桂子 (2011) 京橋川の風の道としての影響評価, 第19回土木学会地球環境シンポジウム講演集, pp.107-112.
  2. 鈴木悠子・清水裕之・高取千佳・川口暢子 (2015) 生態系ディスサービスに関する住民意識の統計的分析-名古屋市を対象として, 日本建築学会東海支部研究報告集, 53, pp.473-476.
  3. 藤原望・清水裕之・高取千佳・川口暢子 (2015) 宅地型長期未整備都市計画公園緑地の現状と今後の課題-自然と人の共生を目指す名古屋市名東区藤巻町を事例に, 日本建築学会東海支部研究報告集, 53, pp.485-488.
  4. 高橋典晃・清水裕之・高取千佳 (2015) 地域資源としての旧街道の活用に関する研究-起伏と視覚的景観特性による岐阜県西部の旧街道空間の類型, 日本建築学会東海支部研究報告集, 53, pp.533-536.
  5. 陶方園・清水裕之・高取千佳 (2015) 名古屋市山崎川流域における地表雨水流出の解析と影響要因の検討, 日本建築学会東海支部研究報告集, 53, pp.489-492.
  6. 源慧大・清水裕之・高取千佳 (2015) 農地の減少に影響を与える地形的及び人口統計的要因-三重県松阪市を事例に-, 日本建築学会学術講演梗概集, E-2, pp.25-26.
  7. 藤原望・清水裕之・高取千佳 (2015) 管理作業量の算出・可視化を基盤とした市民協働の公園緑地管理に関する研究-長期未整備公園緑地の藤巻町を対象として-, 日本建築学会学術講演梗概集F-1, pp.161-162.
  8. 村瀬由伎・清水裕之・高取千佳 (2015) 圃場の整備状況による空間的特徴と維持管理作業量の違い-松阪市朝見地区を対象として-, 日本建築学会学術講演梗概集, E-2, pp.81-82.
  9. 中浦寛介・玄英麗・飯塚悟・高取千佳・五十嵐千寛 (2016) 将来2050年代を対象とした都市コンパクト化シナリオの導入と暑熱環境評価,第30回数値流体力学シンポジウム講演論文集, 3pp.
  10. 中浦寛介・玄英麗・飯塚悟・高取千佳・五十嵐千寛 (2016) 都市コンパクト化シナリオの導入が将来2050年代夏季の都市暑熱環境に及ぼす影響評価, 日本ヒートアイランド学会第11回全国大会講演集, pp.54-55.
  11. 五十嵐千寛・清水裕之・宮脇勝・高取千佳 (2017), 愛知県域内の人口動態と地理情報の重回帰分析, 日本建築学会東海支部研究報告集, 55, pp.397-399.
  12. 中浦寛介・玄英麗・飯塚悟・高取千佳 (2017) WRFによる名古屋都市圏温熱環境・風環境シミュレーション(その16), 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, pp.913-914.
  13. 高取千佳・村瀬由伎・宮脇勝・北村淳一・清水裕之 (2020) 水田の歴史的類型による生態的環境と労働生産性の比較および維持管理シナリオの検討, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, pp.913-914.
  14. 吉野未波・高取千佳 (2020) シドニー・バランガルー開発におけるグリーンインフラの成立条件に関する研究, 日本造園学会九州支部研究・事例報告集, 28, pp. 31 – 32.
  15. 杉山知由莉・高取千佳 (2020) 那珂川流域における土地利用変化と雨水浸透, 日本造園学会九州支部研究・事例報告集, 28, pp. 33 – 34.
  16. 川上祥季・高取千佳 (2020) 城下町都市の街路構造が商業集積に与える影響 ―金沢市・熊本市を対象として―, 日本造園学会九州支部研究・事例報告集, 28, pp. 35 – 36.
  17. 鄭宇璐・高取千佳 (2020) 都市縮退時代における都市農業の需要と供給に関する研究 ~愛知県北名古屋市を対象に~, 日本造園学会九州支部研究・事例報告集, 28, pp. 37 – 38.

解説・論説

 1.   横張真・高取千佳 (2016) 官民連携による新たな公園緑地の整備・管理の方向性, ランドスケープ研究, 80(2), pp.112-116.

 2.   高取千佳 (2016) 江戸東京の都市構造の変化が熱・風環境に与える影響-都市計画への展開に向けて-, E-journal GEO, 11(2), pp.565-569.

 3.   高取千佳・馬場弘樹・木村優介・片岡由香 (2011) 学生提案競技を振り返って, 都市計画, 60(5), pp.172-173.

国内学会発表

a. 口頭発表

  1. 山田考太郎・高取千佳・永野真義・貞広幸雄 (2008) アメリカにおけるGISを用いた都市計画教科書の研究とその日本への適用に関する考察, 地理情報システム学会, 東京, 2008.5.
  2. 杉村剛・高取千佳・石川幹子・高橋桂子 (2011) 京橋川の風の道としての影響評価, 第19回土木学会地球環境シンポジウム, 2011.9.
  3. 高取千佳・石川幹子 (2010) 歩行者の移動経路に着目した都市公園の評価手法に関する研究-東京都京橋地区を対象として-, 日本都市計画学会第45回学術研究発表会, 名古屋, 2010.11.
  4. 石川幹子・カビリジャン・ウメル・大澤啓志・高取千佳・村山健二 (2011) 中国四川省都江堰市農村部における林盤に関する研究, 日本造園学会平成23年度全国大会, 東京, 2011.11.
  5. 高取千佳・石川幹子 (2012) 東京都心部における明治初期と現代のマトリクス構造の変化に関する研究-港区北部地域を対象として, 日本都市計画学会第47回学術研究発表会, 青森, 2012.11.
  6. 高取千佳・大和広明・高橋桂子・石川幹子 (2013) 明治初期と現代のマトリクス構造の変化が熱・風環境に与える影響に関する研究, 日本都市計画学会第48回学術研究発表会, 東京, 2013.11.
  7. 川口暢子・村山顕人・清水裕之・高取千佳 (2014) 名古屋市における街区ごとに見る非建蔽地/緑被地規模・変化の実態と分布の特徴, 日本都市計画学会第49回学術研究論文発表会, 広島, 2014.11.
  8. 高取千佳・高橋桂子・横張真・石川幹子 (2014) 明治初期と現代における地上付近の熱・風環境を規定する要因の変化に関する研究-東京都心部を対象として, 日本都市計画学会第49回学術研究論文発表会, 広島, 2014.11.
  9. 鈴木悠子・清水裕之・高取千佳・川口暢子 (2015) 生態系ディスサービスに関する住民意識の統計的分析-名古屋市を対象として, 2014年度日本建築学会東海支部研究集会, 名古屋, 2015.2.
  10. 藤原望・清水裕之・高取千佳・川口暢子 (2015) 宅地型長期未整備都市計画公園緑地の現状と今後の課題-自然と人の共生を目指す名古屋市名東区藤巻町を事例に, 2014年度日本建築学会東海支部研究集会, 名古屋, 2015.2.
  11. 高橋典晃・清水裕之・高取千佳 (2015) 地域資源としての旧街道の活用に関する研究-起伏と視覚的景観特性による岐阜県西部の旧街道空間の類型, 2014年度日本建築学会東海支部研究集会, 名古屋, 2015.2.
  12. 陶方園・清水裕之・高取千佳 (2015) 名古屋市山崎川流域における地表雨水流出の解析と影響要因の検討, 2014年度日本建築学会東海支部研究集会, 名古屋, 2015.2.
  13. 源慧大・清水裕之・高取千佳 (2015) 農地の減少に影響を与える地形的及び人口統計的要因-三重県松阪市を事例に-, 2015年度日本建築学会大会, 東京, 2015.9.
  14. 藤原望・清水裕之・高取千佳 (2015) 管理作業量の算出・可視化を基盤とした市民協働の公園緑地管理に関する研究-長期未整備公園緑地の藤巻町を対象として-, 2015年度日本建築学会大会, 東京, 2015.9.
  15. 村瀬由伎・清水裕之・高取千佳 (2015) 圃場の整備状況による空間的特徴と維持管理作業量の違い-松阪市朝見地区を対象として-, 2015年度日本建築学会大会, 東京, 2015.9.
  16. 川口暢子・清水裕之・村山顕人・高取千佳 (2015) 名古屋市における街区ごとに見る非建蔽地の開放性・単純性と緑被規模の関係と分布の特徴, 日本都市計画学会第50回学術研究論文発表会, 宮崎, 2015.11.
  17. 中浦寛介・玄英麗・飯塚悟・高取千佳・五十嵐千寛 (2016) 都市コンパクト化シナリオの導入が将来2050年代夏季の都市暑熱環境に及ぼす影響評価, 日本ヒートアイランド学会第11回全国大会, 広島, 2016.7.
  18. 川口暢子・高取千佳・村山顕人・清水裕之 (2016) 都市における景域管理作業量推計手法の提案-名古屋市内の緑地を対象としたケーススタディ-, 日本都市計画学会第51回学術研究論文発表会, 東京, 2016.11.
  19. 中浦寛介・玄英麗・飯塚悟・高取千佳・五十嵐千寛 (2016) 将来2050年代を対象とした都市コンパクト化シナリオの導入と暑熱環境評価, 第30回数値流体力学シンポジウム, 東京, 2016.12.
  20. 五十嵐千寛・清水裕之・宮脇勝・高取千佳 (2017) 愛知県域内の人口動態と地理情報の重回帰分析, 2016年度日本建築学会東海支部研究集会, 名古屋, 2017.2.
  21. 中浦寛介・玄英麗・飯塚悟・高取千佳 (2017) WRFによる名古屋都市圏温熱環境・風環境シミュレーション(その16), 2017年度日本建築学会大会, 広島, 2017.8.
  22. 高取千佳・長谷川泰洋・藤原望・清水裕之・宮脇勝 (2017) 管理作業量と景観選好性を指標とした二次林管理計画に関する研究, 日本都市計画学会第52回学術研究論文発表会, 札幌, 2017.11.
  23. 長谷川泰洋・高取千佳・藤原望 (2018) SD評価による都市二次林及び竹林の景観選好性モデルの構築 -名古屋市名東区藤巻町の事例, 第21回20周年記念(2018年度)日本環境共生学会学術大会, 2018.9.
  24. 高取千佳 (2018) 人口社会増減と空間指標の関連分析-愛知県を対象として-, 日本都市計画学会第53回学術研究論文発表会, 大阪, 2018.11.
  25. 高取千佳・山下尚行・宮脇勝・清水裕之・川口暢子 (2019) 白鳥庭園を事例とした池泉回遊式庭園における景観テーマ別の管理作業量の算出, 2019年度日本造園学会全国大会, 2020.5.
  26. 吉崎航・宮脇勝・高取千佳 (2019) 名古屋市の都市計画公園の形成類型と震災復興仮設住宅で不足する公園面積の算出, 2019年度日本建築学会大会学術講演会, 2019.9.
  27. 降籏賢人・宮脇勝・ 高取千佳 (2019) 名古屋大学「ランドスケープ・オブザーベートリー」設置のための研究GISデータベースの作成と公開について, 2019年度日本建築学会大会学術講演会, 2019.9.
  28. 田淵祐哉・宮脇勝・高取千佳 (2019) GIS による「ランドスケープ・ユニット」と「東海アトラス」 の作成に関する研究, 2019年度日本建築学会大会学術講演会, 2019.9.
  29. 橋爪あかり・飯塚悟・玄英麗・高取千佳 (2019) WRFによる名古屋都市圏温熱環境・風環境シミュレーション(その19)集約型都市構造モデルにおける人口撤退地域の土地利用変更が都市温熱環境に及ぼす影響, 2019年度日本建築学会大会学術講演会, 2019.9.
  30. 高取千佳・村瀬由伎・宮脇勝・北村淳一・清水裕之 (2020) 水田の歴史的類型による生態的環境と労働生産性の比較および維持管理シナリオの検討, 日本造園学会全国大会, 2020.5.
  31. 鄭宇璐・高取千佳 (2020) 人口縮退時代の都市圏周縁部における生産緑地所有者の維持・貸与意向, 日本造園学会全国大会, 2020.5.
  32. 高取千佳 (2020) Withコロナ時代の都市農業の新たな可能性, アジア・オセアニア研究協力機構シンポジウム, 2020.9.
  33. 高取千佳 (2020) 景観生態学からみたバイオミメティクス, 高分子学会バイオミメティクス研究会, 2020.9.
  34. 高取千佳 (2020) With/Postコロナ時代の都市農業の新たな可能性, グリーンインフラ・都市農業国際ワークショップ,  2020.11.
  35. 吉野未波・高取千佳 (2020) シドニー・バランガルー開発におけるグリーンインフラの成立条件に関する研究, 日本造園学会九州支部大会, 宮崎, 2020.11.
  36. 杉山知由莉・高取千佳 (2020) 那珂川流域における土地利用変化と雨水浸透, 日本造園学会九州支部大会, 宮崎, 2020.11.
  37. 川上祥季・高取千佳 (2020) 城下町都市の街路構造が商業集積に与える影響 ―金沢市・熊本市を対象として―, 日本造園学会九州支部大会, 宮崎, 2020.11.
  38. 鄭宇璐・高取千佳 (2020) 都市縮退時代における都市農業の需要と供給に関する研究 ~愛知県北名古屋市を対象に~, 日本造園学会九州支部大会, 宮崎, 2020.11.
  39. 森山雅雄・高取千佳・田代喬・飯塚悟 (2020) 合成開口レーダデータを利用した流域状況把握のための土地被覆分類, 日本リモートセンシング学会学術講演会, 2020.12.

b. ポスター発表

  1. 長谷川泰洋・高取千佳・藤原望 (2016) 住民参加型のSD評価による都市二次林の景観好適性モデルの構築-名古屋市名東区藤巻町の事例, 平成28年度日本造園学会中部支部大会, 金沢, 2016.11.
  2. 長谷川泰洋・高取千佳・藤原望 (2018) SD評価による都市二次林及び竹林の景観選好性モデルの構築-名古屋市名東区藤巻町の事例, 第21回20周年記念(2018年度)日本環境共生学会学術大会, 四日市, 2018.9.

学内委員

2020年4月~2023年3月 男女共同参画推進委員会委員.

2020年4月~2023年3月 広報実施WG委員.

2020年9月~現在 大橋キャンパス将来構想委員会委員

国際交流

2020年05月 Designing Resilience in Asia への参加, NUS.

社会活動

  1. 平成20年7月-平成23年3月 中国四川大地震復興支援活動
  2. 平成23年4月-平成25年3月 宮城県岩沼市東日本大震災復興活動
  3. 平成23年7月-平成25年12月 埼玉県川口市火葬施設公園プロジェクト
  4. 平成26年4月-平成27年3月 愛知県大垣市牧田宿景観計画
  5. 平成26年4月-平成28年3月 愛知県大垣市緑の村公園リノベーション計画
  6. 平成26年4月-現在 名古屋市名東区藤巻の里づくり構想
  7. 平成27年6月-平成28年3月 名古屋大学CALEコミュニケーションガーデン設計
  8. 平成27年6月-平成28年3月 名古屋大学法学部前ポケットパーク設計
  9. 平成30年4月-平成31年3月 三重県松阪市駅西地区複合施設基本構想

受賞歴

2008年7月四川大地震復興グランドデザイン栄誉賞
2009年3月東京大学工学部都市工学科最優秀作品賞
平成21年度卒業設計「水辺のゆりかご」
2010年9月横浜開港150周年記念深谷通信所跡地利用アイデアコンペ優秀賞(1位)
「環【wa】地球環境の再生-深谷から始める確かな一歩」
2010年9月東京大学グローバルCOEプログラム・都市空間の持続再生学の展開
 若手研究奨励賞 「京橋川再生」
2011年3月東京大学大学院工学系研究科長賞・都市工学専攻最優秀論文賞
平成23年度修士論文「歩行を原単位とする熱環境とモビリティーの階層的評価による都市環境計画方法論に関する研究-東京都中央区京橋地区を対象として」
2011年11月日本都市計画学会創立60周年・さいたま市誕生10周年記念学生提案競技
最優秀賞「おおみやびとの盆のまち」
2012年3月東京大学大学院工学系研究科長賞
平成23年度社会貢献・東日本大震災宮城県岩沼市復興支援チーム
2014年3月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻優秀博士研究賞
平成26年度博士論文「東京都心部のマトリクス構造を基盤とした熱・風環境評価に基づく都市環境計画に関する研究」
2014年4月日本都市計画学会年間優秀論文賞
「明治初期と現代のマトリクス構造の変化が熱・風環境に与える影響に関する研究-東京都心部を対象として-」
2014年9月東京大学復興デザイン研究体U30都市計画-都市設計提案競技2014後藤賞「道後の家道」
2015年5月日本都市計画学会論文奨励賞
「東京都心部におけるマトリクス構造を基盤とした熱・風環境評価に基づく都市環境計画に関する研究」
2017年8月2017 International Conference of Asian-Pacific Planning Societies Best Presentation Award
  「Evaluation of Landscape Management Labor Accounts in a Regional Scale」

指導学生の受賞歴

  • 2021年3月2020年度日本都市計画学会九州支部支部長賞 川上祥季
  • 第17回中日韓造園デザインコンペティション ノミネート賞 鄭 宇璐(Zheng Yulu)
    (エントリー数 325作品 受賞 18作品(金賞1、銀賞2、銅賞4、ノミネート賞10、ファイナリスト賞1))

リンク

九州大学-研究者情報 [高取 千佳 (准教授) 芸術工学研究院 環境デザイン部門] (kyushu-u.ac.jp)

高取 千佳 (Chika Takatori) – 研究キーワード – researchmap